物件紹介

古民家を後世に残したい―――。
古民家玄関ホール.JPG

福井県の空き家率は全国10位。

この中には、古民家も少なからず含まれています。

誰も住まない家は、どんどん傷んでいきます。

人が住み、移動をしたり、設備を使ったりすることで家が呼吸し、

家族の営みを続ける上でメンテナンスが行われ、そうやって家は長い間生きていくのです。

空き家になった古民家は、そのまま誰も住まなければ朽ちていくだけです。

放っておけば、雪や台風により倒壊する危険性もあります。

古民家を歴史と伝統のある財産とするか、危険な空き家とするかは、住まい手次第なのです。


古民家の再生とは、単に建築物の再生というだけでなく、

地域の伝統文化や歴史的景観を再生させることでもあります。

私達は、古民家が多く存在し、地域の伝統的な文化や景観がまだ残っている福井でこそ、

古民家の再生・維持・管理が必要不可欠だと考えています。

________________________________________

古民家が空き家になる訳
古民家外観.JPG

●家族の住まい方が時代と共に変わり、家屋を受け継ぐという意識が薄くなっている。
 (複数世帯家族→核家族)

●住まい手が高齢となり、後継者の見通しが立たず、所有者の死去や転居をきっかけに空き家となる。

●空き家となっていても、所有者の思い入れにより「賃貸したくない」「売りたくない」とそのままにしてある。

●古民家の所有者が「売りたい・貸したい・活用したい」と考えても、相談相手がいない・方法が分からない等の理由で実行できない。

●古民家を景観資源や伝統建築物として保全・再生するための行政の体制が整っていない。

●所有者が古民家を改修・再生したいと思っていても、資金の不足等により諦めざるを得ない場合がある。

________________________________________

古民家を生かすために。
イメージバナー3.JPG

構造物としての性能、他の何物にも代えられない伝統的な価値、

日本の風景と調和する外観、日本家屋の心地よさ―。

古民家は日本が誇る100年住宅です。そして、文化や伝統の継承シンボルでもあります。

『地域の美しい景観や、日本が古来より培ってきた伝統工法を残したい。』

福井県古民家再生協会では、空き家になっている古民家をどうしていいか分からない方と、

県内外の「古民家に住みたい!」という想いを持っておられる方を繋ぐ、お手伝いをさせて頂きます。

ご相談・お問い合わせはこちらまで 0778-52-5507

一般社団法人福井県古民家再生協会
福井県鯖江市大野町30-13-1
TEL:0778-52-5507
FAX:0778-52-7654
Eメール:info@kominka-fukui.com

古民家改装事例

活動履歴

一般社団法人福井県古民家再生協会

福井県鯖江市大野町30-13-1
TEL:0778-52-5507
FAX:0778-52-7654
Eメール:info@kominka-fukui.com
 
© 2011 一般社団法人 福井県古民家再生協会